医療系の美容クリニックで行うことができる施術の種類

医療とエステの違い

医療脱毛とエステ脱毛の違いについて

医療脱毛(レーザー脱毛)と脱毛エステサロン(光脱毛)の違いがいまいち分からないという方は多いでしょう。 実は医療脱毛と脱毛エステサロンの原理はほぼ一緒です。 何が決定的に違うのかというと、機器の出力値なのです。 医療脱毛は出力値が高く、毛根周辺の組織を破壊することが可能です。 脱毛エステサロンの光脱毛は破壊するまでのパワーは無く、ダメージを与える程度にとどまります。 そのため医療脱毛は施術が完了するまでの期間がエステサロンの約半分で済み、仕上がりもほぼ永久脱毛と言っていいぐらいつるつるになります。 ただし効果が高い分、価格はエステサロンの約2倍近くかかることがあります。 効果を最優先に考える方には最適の方法です。

日本における医療脱毛(レーザー脱毛)の歴史

日本に医療脱毛(レーザー脱毛)の機器が導入されたのは1997年のことです。 それまでは電気の通った針を毛穴に直接刺して毛根を破壊するニードル脱毛が医療脱毛の主流でしたが、レーザー脱毛が導入されてからは一気に普及し、医療脱毛と言えばレーザー脱毛と言われるまでになりました。 しかし、まだ導入されてからの日が浅く、ニードル脱毛は永久脱毛と謳われていたのに対しレーザー脱毛は永久脱毛と言うには事例が少なくまだはっきりとは言えないのが現状です。 ですがニードル脱毛に比べ痛みが少なく、一気に広範囲に照射できるので施術の時間も短時間で済むなどメリットが多くあります。 また安全性も高いので肌が敏感な方でも安心して施術を受けることができます。 今後ますますレーザー脱毛は医療脱毛の主流になっていくでしょう。